建売住宅の新築物件を内覧して気づいたことですが、不動産屋を仲介して物件を購入すると、仲介手数料が必要となることです。その仲介手数料の計算方法は、一般に(物件価格×3%+6万円)+消費税が上限とされています。

仮に3,000万円の物件を購入すると、

仲介手数料=3,000万円×3%+6万円 = 96万円(消費税別)

結構な金額になってしまいます。気に入った物件の売主が直接販売しているなら、直接購入すれば仲介手数料は要りません。

不動産会社と言っても、必ずしも仲介手数料が必要ではありません。不動産会社の取引形態によって異なってきます。

この取引形態が「媒介(仲介)」または、「代理」と不動産広告に掲載されえいれば、物件を斡旋してくれた仲介業者に手数料を支払うことになります。

もし、広告に「売り主」とあれば、それは、売主が直接物件を買い主に販売しているので、仲介手数料を払う必要はありません。

もしも不動産仲介業者に物件を紹介して貰ってから、売主の情報が分かったとしたら

住宅の総合サイト、「SUUMO(スーモ)」や「HOME’S(ホームズ)」などに掲載されている不動産情報の殆どは仲介業者が斡旋していて、建物の売主情報が掲載されていません。

もしも、不動産仲介業者に気に入った物件を紹介して貰ってから、物件を直接販売している売主の情報を知ったとしたら、馬鹿にならない仲介手数料のことを考えると、自分の利益を優先したくなってしまいます。

しかし、不動産仲介業者に内覧まで同行して貰って、途中で不動産会社を変更するのは、仁義を欠く行為でもあります。

信用も当然失ってしまい心象が悪いです。内覧するからには、当然売主から物件の鍵を預かるわけですから、購入したいと言っている人がどんな人なのか売主に情報が渡っている可能性があります。

下手すると不動産仲介業者から仲介手数料の請求をされるかも知れません。もし内覧までしてしまったら、不動産会社の変更は諦めた方が良さそうです。

その場合、仲介手数料の値引きが出来るかどうか交渉してみるしかありません。

しかし、仲介手数料の値下げを謳っている不動産会社でない限り、値下げに応じて貰えないことが多いようです。

仲介手数料を節約したいのであれば、最初から仲介手数料ゼロ円と謳っている不動産会社を探すか、売主の直売物件を探す方法があります。

不動産会社の仲介手数料ゼロ円というのは、売主から手数料を得ています。

比較的小さい不動産会社が手数料無料だったりします。その代わり、扱っている物件数が少なかったりするのでデメリットもあります。

その点、大手不動産会社の方が物件数は豊富です。最近問題になっている、「囲い込み」で手数料の為に情報を独り占めしている可能性もあるでしょう。ここでは「囲い込み」の問題について割愛させて頂きます。

建売住宅の売主を調べるにはどうしたら良いのか?


建築途中であれば、現場に行き「建設業の許可票」や「建築基準法にようる確認済票」で推測出来たりします。

但し、不動産広告に掲載されている住所から自らの足で物件を探す場合、住所の番地が違っていたりして、建物の所在地を特定するのが難しかったりします。

不動産登記簿には、不動産の所有者が記載されています。所有権が建売業者に移転していればわかります。

法務局に出向いて、不動産の登記簿謄本を取得すると不動産の権利関係が分かります(有料)。

本当に不動産仲介抜きで良いのか、注意しなければならないことは

消費者からしたら、少しでも節約したい。でも仲介手数料をケチって不動産仲介抜きでする抜き行為って大丈夫なんでしょうか?

素人では分からない、不動産会社の横の繋がりがあるみたいです。売主から購入しようと思って商談を進めていても、仲介業者へ話しが渡って手数料を支払うこともあるようです。

仲介業者から購入すれば建売の値下げ限界まで応じてくれたかも知れないところ、売主直で購入した方が結果的に高く付いてるかも知れない。

でも、それは比べようがない為、どちらが良かったかの判断は最終的に分かりません。

サービスの善し悪しも、総合的に判断したら仲介業者の方が良いということになり兼ねません。もし売主が信用できる会社かどうか心配な場合は、口コミサイトなで一度調べてみることをオススメします。