My Living room

イメージ的に価格が安いと思われる順番は、マンション < 建売住宅 < 注文住宅といった感じで、注文住宅が一番高そうなイメージです。

いくつか住宅相談会に行ったりして、色んな営業マンの方と話すうちに、色々と見えてくるものがありまして、やっぱり我が家は注文住宅がいいなと思いました。

価格だけで建売住宅にするのは、勿体ないと思いました。SUUMOの統計によると、年収400万円~600万円未満の人で注文住宅を購入する人は全体の2割以下だそうです。

新築マンションを購入する人が一番多くて、全体の3割でした。次いで建売住宅が多かったです。こうしてみても、注文住宅にする人って少ないですね。

我が家は転勤の可能性もあります。それでも、やっぱり注文住宅が良いと思った理由を説明したいと思います。ちなみに我が家は土地から探しています。

注文住宅にしようと思った理由

結論から先に言いますと、建売住宅とほぼ同じくらいの予算で出来そうな設計事務所さんを見つけたからです。ハウスメーカーや工務店ではないです。←ここ注意

それは決してローコスト住宅ではなくて、品質は保ちつつ、土地の価格を抑えるというものでした。駅から離れているとか、郊外に建てるとかではないです。

価格を抑える為の工夫もありまして、自分達で出来るところは自分達でするといった心構えです。予算に余裕のある方はそんなことしなくても良いです。

たまたま、今は土地の時価が下がり気味というのもありますので、今が狙い時かも知れません。

土地探しを不動産屋に頼んでも良いのですが、その設計事務所は手付金10万円を払えば土地から探して貰えます。

不動産屋は建物のことまで詳しくありませんから、設計士さんに土地を見て貰って調査して貰ってから購入した方が安心です。

後々何かトラブルが発生したした時に、掛かる費用がかなりの額らしく、100万円~500万円損することもあるらしいので、手付金を払って安心を買うと思えばそれ位いいかなと思います。

設計事務所さんにお任せするのが、安心と先程言いましたけど、信頼出来そうかどうか見極めることも大事です。

ハウスメーカーに相談に行ったこともありましたが、紹介して貰った土地は自分達の希望とかけ離れていましたから、妥協するしかないのかなって、その時は思いました。

なぜ建売住宅じゃなくて、注文住宅なの?

では、本題のなぜ建売住宅じゃなくて、注文住宅を選ぶのかといったことですが、

建売住宅って駅から近くても価格が安いのが魅力ですよね。でも、同じ価格で注文住宅が建てられるなら迷わず私は、注文住宅を選びます。

そうは言っても、現実的には難しい話しです。そこで、建売住宅がなぜ安いのか、調べていくうちにその理由が分かってきました。

まず、土地を安く仕入れているんですね。建売業者さんが、その売り出された土地の何区画かを同時購入するので、一般市場価格よりも安く購入出来ます。

その何区画の内の一つを一般の方にも販売して欲しいと思っても、工務店の方達でさえ中々売って貰えないそうです。

私が相談に行った建築士さんもおっしゃっていました。購入するには、その土地の価格に+600万円ならイイよと言われたそうです。

建売住宅の価格には、土地購入時の経費(税金含)、広告、宣伝費や建物の維持管理費が上乗せされてます。

でも、建物の原価は大量生産方式で安いですよね。

建売住宅の場合 ⇒ 土地代+建物代+経費+???

この???の部分が怪しいです。この???は、リスク代だと思った方がよさそうです。

建売住宅は売れないと、ドンドン値下げしていきますよね。600万円~1,000万円値下げなんてこともあります。

売れないと広告費や営業マンの経費やらその他諸々が掛かるから、早く売ってしまいたいみたいです。

建物価格の4割値下げや半額なんてこともあるようです。損切でしょうか。

そうやって考えたら、値下げ後に購入出来た人はラッキーだけど、値下げ前の価格で買ってしまった人は、何だか損した気分です。

無駄にそのリスク代とやらを払ってるんですよね。建物の性能が格段に良いとは言い難いですし、

そうやって考えたら、その???の600万円分を建設費にあてて立派な家を建てたいです。

転勤になったら、人に貸したくない

注文住宅にする人は、やっぱり自分の家に愛着を感じてる人が多いです。建売を購入したけど、注文住宅で立て直すという人も、理由は住んでる家が飽きちゃうみたいですね。
ライフスタイルに合った家の方が、住み心地からしたら全然違うんじゃないでしょうか。
問題は、転勤になってしまった時に、人に貸すという選択肢は、難しいのかと思います。

自分好みの設計を他人も好むかと言えば、残念ながら”No”だと思います。

何より、その前に人に貸したくないです。でも、建築士さん曰く、転勤がある人でも、注文住宅で建てる人はいるそうです。
中には、売ってしまった方もいるそうですが、その時は、購入時より高く売れたそうです。
そんなことは稀かも知れませんが、転勤の間は、建築士さんにお金を払って、管理をお願いしていた方もいるみたいです。

最後に

人に貸すという選択を持ちたい人は、マンションも視野に入れた方が無難だと思いますが、住宅の価値で考えたら、私はマンションより一戸建てだと考えます。

今回は、建売住宅vs注文住宅といった感じのテーマになってますが、またマンションとの比較の詳細も書きたいと思います。

関連記事
転勤族が家を買うならマンションと一戸建どちらを選べば良いか?