2月8日テレビ東京放送の解決スイッチで紹介していた「冬の肌ケア法」です。

冬は乾燥した空気や、寒さからくる血行不良、更に寒くて厚着をするので冬でも意外と汗を掻いています。

これらが原因で冬は様ざなな肌トラブルに悩まされます。

私も冬の乾燥でお肌がカサカサになり辛い思いをしました。

夏用の基礎化粧品では保湿が足りなくて、保湿クリームで補っています。

というわけで、

横浜の皮膚科医、野村有子医師が冬の肌ケアの秘訣を教えてくれたので、早速メモしたいと思います。

笑顔が肌ケアに良い

食べたいモノや嫌なコトを我慢してストレスを溜めるより、心や体が喜ぶことをしてあげて笑顔でいることがお肌にとっても良いことです。

過度のストレスが体に良くないことは誰でも知っていると思いますが、お肌にも悪影響を及ぼしています。

ストレスが溜まると肌の新陳代謝が遅れて、シミやしわの原因になってしまいます。

そうは言っても、人間常に笑顔でいることって難しいです。

だからこそ、食生活を見直したいところですね。

汗を拭きとる時の肌ケア

熱いものや辛いものを食べると冬でも汗を掻きますね。

そんな時、ティッシュで汗を拭いてはダメなんです。

ティッシュの様に乾いたもので拭いてしまうと冬のお肌にダメージを与えてしまいます。

その場合は、塗れたタオルて拭くのが良いのだとか。

汗の成分は老廃物が含まれていて皮膚に付着しています。

乾いたものでは老廃物は全部拭き取れないそうです。

また、乾いたもので肌を拭いてしまうと、皮膚を傷めてしまいます。

塗れたタオルで汗をそっと拭いてあげれば、水分と汗に含まれる老廃物も一緒に拭き取ってくれるのです。

塗れたタオルだからといって、間違ってもゴシゴシ拭かないようにしましょう。逆にお肌を傷めてしまいます。

優しく拭き取ってあげるのがポイントです。

また、汗を拭かないでいるのも、肌に付着した老廃物が痒みや肌トラブルの原因になってしまいますから気を付けましょう。(>_<)

赤ワインで肌ケア

グラス一杯の赤ワインはお肌にとても良いと言われています。

理由は、赤ワインの中にポリフェノールという成分が含まれているからです。

ポリフェノールは、抗酸化作用の働きで肌の老化の原因となる活性酸素が除去されてお肌を整える効果があります。

また、適量のお酒を飲むことで血流も良くなり、肌の新陳代謝を促進し
ます。

飲み過ぎずグラス1杯がちょうど良いということですね。

まとめ

・ 冬の肌ケアには新陳代謝を高めることが大切です。

・ ストレスを溜めない、リラックスする時間を作ることが肌に良い

・ 冬は意外と汗をかく季節、汗を拭く時は濡れたタオルで優しく拭き取ること。

・ 乾いたタオルで拭くと老廃物が残って、痒みや肌トラブルの原因になる