Feet FUTAB

2月15日放送のNHKあさイチで「人には言えない足の悩み」について特集していました。

足の裏は人にあまり見せることのない部分ですが、

「足のかかとのガサガサ」や「足のニオイ」の悩みなどを抱えていて、人に見せられない部分でもあったりします。

かかとのガサガサが原因でストッキングが破れた経験があるとか、その気持ち分かります。

ガサガサかかとの原因

ガサガサかかとの原因は主に4つです。

・ 乾燥


・ 間違ったケア


・ 姿勢や歩き方


・ 合わない靴

皮膚科医の高山かおるさんによると、

ガサガサの原因は乾燥と角質の取り過ぎといった間違ったケアにあるそうです。

乾燥肌はガサガサかかとの原因に

30歳を過ぎると誰でも乾燥肌になるので、新陳代謝が低下します。

皮膚はターンオーバーの再生力があり、それが減少していくと、乾燥肌になったりします。

血行が悪かったり、冷え性の人は乾燥しやすいので、かかとに角質がたまりやすいです。

角質を取り過ぎるのもダメ!

皮膚は中のものを守ろうとして角質を一生懸命作っています。

角質を取れば取る程、皮膚はまた硬くなって守ろうとするので、このサイクルを繰り返すことになってしまいます。

姿勢悪くなっていませんか?

また、かかとが硬い原因の一つに姿勢が悪いことを指摘していました。

かかとに体重がかかり過ぎると角質が厚くなり、ガサガサになります。

理想の歩き方は足の指や前の方にも体重をかけると良いです。

反り腰姿勢になっていたら注意です~。

私も姿勢が悪いのは自覚していたけど、さらにかかともガサガサだったので、これにはギクッ!!(;’∀’)としました~。

合わない靴履いてませんか?

合っていない靴を無理して履くと靴の中で足がズレて摩擦で角質が厚くなります。

サンダルも履くとパカパカするので、かかとが擦れてあまり良くありません。

正しいかかとお手入れの仕方

1、泡立てた石鹸で優しく洗う

直接石鹸をつけるのではなくて、泡立てた状態のものをやわらかいタオルやスポンジで洗います。

直接せっけんを肌につけると、必要な皮脂や潤いまで洗い流してしまいます。

指の間も1本ずつ丁寧に洗います。

足を拭くときは、タオルで足全体を抑えるようにしてしっかり水分を拭き取ります。
足の指の間も1本1本しっかり水分を拭き取ります。
水気が残っていると蒸発する時に必要な水分まで奪ってしまい、角質の乾燥につながります。

2、角質ケア

かかと用のやすりを使います。

足が塗れた状態だと、削り過ぎてしまうので乾いた状態でします。

ゴシゴシ削ってしまうと、かかとに摩擦熱が生じてしまって厚くなったり、削り過ぎたりするので気を付けて下さい。
正しいケアは、やすりの端から端までを使い一方向に動かします。
この時、皮膚がピンク色になるまで削り過ぎてはいけません。角質が厚い人は少し黄色が残る程度でやめます。
やすりがけは週に1回程度にして、3~4カ月続けます。
少しずつ角質の厚みを減らして健康な状態に戻していきます。

3、保湿

ガサガサが気になる人は、尿素配合のクリームがおススメです。角質を柔らかくする効果があります。
足全体に塗り、特に乾燥が気になる部分にしっかり塗り込みます。
削るよりも何より保湿だけは絶対に必要で、毎日行なうと良いです。
足の指の間に手の指を挟んでグルグル回すと、血行が良くなり皮膚の新陳代謝を促進します。

市販の角質ケアグッズを使う

角質除去のピーリングは、一週間くらい角質がボロボロ落ちるので、使いすぎに注意します。

電動やすりを使う時も、先ほど紹介したように足を清潔にして、乾燥させて強く押し付けないようにします。

市販のクリームで良くならない場合は、オイルを浸透させてからフットクリームでベールを包むように塗ってあげます。

クリームを塗ったらベタベタになるので、靴下を履くと良いです。

くるぶしの方までガサガサの場合は、スクラブでお手入れしてあげると肌が明るくなります。

足のにおい対策

気になる足のにおいは、周りに迷惑を掛けているようで何とかしたいものです。

足の臭いの原因は、雑菌と汗です。

ニオイは人によって雑菌の量の違いだったり、体質、靴を長時間履く環境などで変わってきます。

雑菌対策

・ 角質ケアをしっかりして、雑菌が住めない環境を作る
・ 脇の下用によくある銀イオン入りスプレーをする
・ 抗菌作用のある石鹸で洗う

汗対策

・ 5本指ソックスを履いて吸収性の良いソックスを履く
・ みょうばん入り専用クリームで汗を抑える

ニオイを気にするはあまり、ニオイ対策をしっかりケアしている人は意外と自分で思うほど臭くなかったりします。

人に迷惑をかけているのではと思いこんでいる「自己臭恐怖」の人が最近増えているのだとか。
気にし過ぎも良くないですね。

まとめ

ガサガサかかとの原因は、乾燥や間違ったケアをしている、姿勢や歩き方が悪い、合わない靴を履いているからです。

角質を削り過ぎないように注意しましょう。お手入れは、一週間に1度くらいを3~4カ月続けてみましょう。

お手入れは、尿素配合のクリームで保護して乾燥を防ぎましょう。

姿勢や歩き方に注意。かかとに重心を置いた歩き方はガサガサかかとの原因になります。

足にぴったり合った靴を履きましょう。合わない靴が原因で摩擦が生じてガサガサになってしまいます。

足のにおいには、角質ケアや銀イオンスプレー、殺菌作用のある石鹸が効果的です。