久世福商店の甘酒赤そばを購入しました。

信州中川村で栽培した希少品種の赤そば「高嶺ルビー」と米麹だけで仕込んだ甘酒で、こちらは、ノンアルコールタイプです。

下に米麹が沈殿していて、上の方はほんのりピンク色に透き通った宝石の様な甘酒です。

お味の方は、自然な甘みで上品な口当たりです。

赤蕎麦と米麹で作った甘酒のため、甘味は発酵過程で作られたブトウ糖によるもので、砂糖は含まれていません。

麹の効能

米麹原料の甘酒は、「酵素の宝庫」とも言われています。

酵素の働きによって、米のでんぷんはブドウ糖に変わり、すばやく脳のエネルギー源となります。

米のタンパク質は麹菌によって体内では作ることのできない必須アミノ酸に姿を変えて、効率的に消化、吸収されます。

栄養満点の甘酒

甘酒は点滴と同じ位の栄養成分を含んでいるので、「飲む点滴」と呼ばれています。

栄養補給や疲労回復効果の高い飲み物です。

ブドウ糖のほかにアミノ酸や麦芽糖、とろみを作るデキストリン(難消化性の食物繊維・オリゴ糖)、

微量のコハク酸、乳酸、酢酸など体に良いものが含まれています。

甘酒は冬の代表的飲み物というイメージですが、江戸時代には夏バテ防止の為の飲み物として重宝されていました。

前回の記事「甘酒の間違った飲み方で美容効果薄れる」で書きましたが、甘酒は昔の人が夏に飲んでいたように冷やして飲むか、または常温で飲むのが一般的でした。

温めて飲むとビタミン類や酵素が失われてしまいます。これは、研究結果で明らかとなっています。

ですが、市販品の甘酒の殆どが加熱殺菌処理がされているので、始めからビタミン類や酵素が失われているものもあります。

たくさんのビタミンや酵素を摂りたい方は、甘酒を自分で作るのも良いかと思います。

甘酒の種類

甘酒には酒粕で作られたものと米麹のものと2種類あります。

酒粕を使った甘酒はアルコール分を含んでいて、砂糖などが添加されています。

その分、栄養素も違うので甘酒=美肌とはならないようです。

甘酒を購入する時は、原材料を気にしてみると良いです。

私が上記で紹介した「甘酒赤そば」は、久世福商店で購入できます。

久世福商店は、”ザ・ジャパニーズ・グルメストア”をコンセプトにした、日本全国から “うまいもの”を集めたセレクトショップです。