3月2日放送のソレダメ!あなたの常識は非常識!?で特集していた、本当に美味しいあさりの味噌汁の作り方についてです。

あさりをもっと美味しくする食べ方があるなんて知りませんでした。

為になる知識なので知って置くと便利だと思います。

今までは、あさりの砂抜きが終ってすぐ使っていましたが、それはダメ!!だそうです。

「焼貝うぐいす」店主の延田然圭さん曰く、

あさりは砂抜きした後が肝心で、一手間加えるだけで旨味が数倍になるのだとか。

その一手間とは、あさりを放置することです。この一手間を加えると、超美味しいあさりに大変身します。

あさりを美味しくするための一手間

砂抜きの後 水を捨てあさりが乾燥しないように塗れたキッチンペーパーをかけて一晩放置します。

あさりにはコハク酸という成分が含まれています。

砂抜きした後、水から上げ放置しておくと、あさりが生き延びようとしてコハク酸をどんどん作ろうとします。


コハク酸=旨味

この作業をすると旨味成分が約7倍にアップします。

スーパーで購入した砂抜き済みあさりもこの方法でOKだそうです。

下ごしらえのポイント

下ごしらえで重要なポイントは死んだあさりを取り除くことです。

調理前に死んだあさりを見分ける方法があります。

水の中であさりをゴシゴシ強めに洗います。

口が開いちゃうあさりは死んでいます。

それから、口を閉じていても手で押すと開いてしまうあさりも死んでいます。

割れていても口が閉じていれば生きている証拠です。

良質なあさりの選び方

平らなあさりと丸いあさりと比較した場合、

一見身が詰まっているのは丸い方だと思われがちですが、正しくは平らなあさりの方が身が詰まっています。

平らなあさりは、身が詰まり肉質が柔らかいとされています。

パックのあさりを買う時は、平らのものが多いのを選ぶようにします。

美味しいあさりの味噌汁作り方

あさりは口が全部開くまで煮るのはダメなんです。

普通は口が開いてから味噌を入れますが、加熱し過ぎると身がどんどん縮んでしまって、あまり美味しくありません。

【作り方】

1、水、あさり、酒を鍋に入れ火を点けます。

2、湯が沸いていない状態で味噌を入れます。

※ あさりに火が入る時間を短縮するために最初から味噌を入れるのがポイントです。

味噌を後に入れると更に火に掛ける為、あさりを加熱し過ぎてしまいます。

3、火を入れてからわずか1分後に火を止めます。

この時点では、あさりが2~3個位しか口が開いていない状態です。

2~3個あさりの口が開いたら火を止める合図となります。

4、後は蓋をして余熱で口が開くまで待ちます。蒸らす間に口が開き、2分待つと口が全て開きます。

上の写真を見ても左は身が縮んでしまっているのに対して、ソレマルの調理法の方は身が大きいままです。

この調理法はあさりの味噌汁以外に酒蒸しやボンゴレでも応用可能だそうなので、基本を覚えておくと色んな料理に役立てることが出来ます。