3月4日放送のあさイチで紹介していた鶏胸肉を美味しく食べる方法についてです。

鶏むね肉は、低カロリー、高たんぱくで疲労回復に良いとされるイミダゾールジペプチドも含まれる高機能食材です。

日本では鶏むね肉はパサパサしていてあまり美味しくないといった印象ですが、

最近では柔らかくて味付けしてある鶏むね肉の商品がスーパーやコンビニで売られるようになって、人気が高まりつつあります。

セブンイレブンの鶏むね肉を蒸して味付けしたサラダチキンは、去年ブームとなって品切になる程の人気振りでした。

国内でも鶏むね肉の需要は増えていて、卸売価格も上昇しています。

フランスでは、鶏胸肉の方が脂が少ないので肉の味や香りが楽しめるということで人気があり、お値段はもも肉より1.5倍します。

鶏むね肉をジューシーにするブライン液

パサパサした胸肉はブライン液で漬け込みお肉を柔らかくします。

ブライン液とは、欧米で肉料理の下処理をする時に漬け込む塩水のことです。

ブライン液(塩水)の作り方

【材料】

・ 水・・・100cc
・ 塩・・・5g
・ 砂糖・・・5g

1、材料を全て混ぜ合わせかき混ぜます。

2、鶏むね肉にブライン液が浸み込みやすいように竹串で穴を開けます。

3、ビニール袋の中で鶏むね肉とブライン液を入れて、4時間から一晩漬けます。

漬け込むだけでしっとりジューシーになります。

ブライン液に漬けた肉は塩分がタンパク質を分解してその隙間に入り込むので保水力がアップして、パサつかずジューシーに食べることが出来ます。

鶏むね肉のコルドンブルー風

【材料】

・鶏むね肉・・・1枚
・ハム・・・2枚
・スライスチーズ・・・2枚
・溶き卵・・・適量
・小麦粉・・・適量
・パン粉・・・適量

【作り方】


1、鶏むね肉を観音開きにします。中央から外側に向かって包丁を斜めに入れて薄く開きます。魚の3枚おろしと似ています。


2、開いた鶏肉にサランラップを乗せて、さらに上から麺棒でたたいて均等に薄く伸ばします。
3、伸ばしたものを半分に切って、そこにハムとチーズ乗せて挟み込みます。
4、小麦粉→溶き卵→パン粉の順番で衣をつけます。
※ 揚げるときに、すき間からチーズが漏れることがあるので、はさんだ際に、縁に小麦粉をつけて、はがれないようにしてしたください。

5、パン粉をつけたあと、フライパンに1センチほど油を入れ、中火で両面がこんがりきつね色になるまで、揚げれば完成です。
※ 焼き時間の目安は片面につき2から3分ほどです。

ブライン液の応用編

ブライン液は、揚げるだけでなく蒸したり、焼いたり、料理に何でも応用できます。
鶏肉だけでなく豚肉、牛肉にも使えます。特にパサつきやすいヒレ肉に使うと効果がよく分かります。
さらに、ブライン液にハーブやオリーブオイルなどを入れて下味を先に漬けて置くと味が染みこんで美味しく食べられるのと、時間の短縮になります。
調理の際は火加減に注意しましょう。火を入れ過ぎると水分が飛んでしまってパサパサの原因になってしまいます。