Cafe Lotta


主婦は朝から朝食の準備やお弁当作り、掃除に洗濯、子供の世話と仕事の両立、やることがいっぱいで毎日が時間との戦いです。
では、世の中の主婦はどのようにこの時間を上手くやりくりしているのか、気になりますよね。

24時間、誰でも平等に時間がある中で、時間がない人は睡眠を削れば良いのでしょうか?
普段の睡眠時間は人によりますが、削り過ぎると体調を崩したり、その日一日、頭がぼぉーっとして作業に集中できなくなり、逆に効率が悪くなったりします。
中には普段から睡眠時間は4時間でも大丈夫と言う人もいますが、自分が無理をしている状態であればやめた方が良いです。
そんな中、睡眠時間は6時間位で、朝から散歩に家事、洗濯、掃除、

これらを朝に全部済ませて、朝ドラを鑑賞してから仕事に出社している余裕のある生活を送っている主婦が実際にいるわけです。

こういう人達は一体普段どんな暮らしをしているの?
最近、NHKの「あさイチ」と「ソレダメ」のテレビ番組で似たような特集を組んでいたので興味深く見ていたら、ある共通点を見つけることが出来ました。

家事時短の3つの極意

ある共通点とは、
限られた時間の中で全ての家事をこなすには、ある3つのことを皆さん意識してやっています。
1、徹底的に無駄を省くこと

2、時間割を決める

3、作業時間の効率化
以上、まとめるとこの3点です。
一つずつ、詳しく解説するとこんな感じになります。

1、徹底的に無駄を省くこと

動きに無駄をなくす為に家の中の導線を考えることです。
とにかく、無駄なものを徹底的に省くことが時短に繋がります。
例えば、本を執筆しているシンプルライフ研究家のマキさんの家の中は、物が少なくてとてもシンプルです。
だから、掃除が楽なのはもちろんですが、家事の仕方にも工夫をしています。
例えば、朝食はパンとサラダとヨーグルトをワンプレートに用意します。
ワンプレートにすれば、洗う皿を減らすことが出来ます。
そして、なんとキッチンでメイクも歯磨きも済ませちゃいます。
玄関には、子供が忘れ物をして慌てて部屋に取りに行かなくても良いように、
子供のカバンなど必要なものを玄関に置いています。

2、時間割を決める

朝から家事、洗濯、部屋の掃除、全部やっても、平日は全てをしっかりやろうとせず、見える範囲内に留めて置きます。

そして、朝家事は時間がきたら即終了させます。

ついついダラダラ行動しがちですが、キビキビ動く感じです。

出勤時間までの限られた時間内に全てを行うには、時間単位で行動しなければ、作業が後に押してしまいます。

時間内に終えられる家事を優先してやり、やり終えたという充実感を優先させることが大切のようです。
出来る範囲で家族皆が家事を手伝ってくれると良いです。

協力し合うことで、家事の負担を軽減することが出来ます。

3、作業時間の効率化

家事の時短方法で3つめは、作業時間の効率化です。

同じ作業を続けた方がリズムに乗れて効率アップ、一度にまとめて行うことで、時短効果があります。

例えば、仕事場でもそうですが、一人で1から10までの作業を行うより、それぞれ役割分担して作業を行った方が効率的であることは、想像してみれば何となく分かりますね。

これを家事に置き換えてみると、

食材は一週間分をまとめ買いする


フルタイムで働いている人なんかは、毎日スーパーに行くよりまとめて購入した方が時間を節約できます。

1週間分の食事の下準備を日曜日の午後に全部やってしまいます。

そして、1時間で1週間分のおかずの品を何品も作って置きます。

同じ鍋を使う

同じ鍋を使ってアクの弱いものから順番に違う野菜を茹でていきます。

こうすることで、洗う手間が省けます。

洗濯物を仕分けする

洗濯物を手に取った順から干すのは時間の無駄です。
ハンガーに干すものと洗濯バサミで干すものを分けて、まとめて干すと時間が短縮されます。
同じように洗濯物を畳む時は、シャツならシャツ、タオルならタオルとまとめて畳むと効率的です。 

お弁当をまとめて詰めていく


複数のお弁当におかずを詰める時は、1箱ずつ完成させるのではなくて、お弁当やさんみたいに同じおかずを一品ごとに詰めていくと効率的です。

餃子を作る作業をまとめる

餃子を作る時も一個ずつ皮に餡をのせて、包むという作業を一個一個繰り返すよりも、一つの作業をまとめた方が早く出来ることが、実験結果から分かっています。

掃除時短テクニック

掃除は一部屋終えたら次の部屋を掃除するというやり方では、効率が悪いです。

掃除を早く済ませるには、作業別にするのが効率良いやり方です。

例えば、整理整頓、掃除機、窓ふきをするなら、
一部屋ごとに全ての掃除をこなしてから、次の部屋に移るのではなくて、

全ての部屋の整理整頓が終ったら、全ての部屋に掃除機を掛ける、次に全べての部屋の窓ふきをするといった感じで、作業別にまとめてやります。

まとめ


全てにおいて共通して感じられることは、やはり時間を意識していることです。

限られた時間の中で早く作業を行う為に、無駄なモノを省いたり、作業の仕方を工夫したり、時間管理を徹底していることだと分かりました。

性格的にテキパキしている人が上手くこなしている感じに見えますが、自分の出来そうなものから、真似していくのが良いと思います。