Living room

家を購入する時に不動産屋が仲介に入りますが、あなたの担当者になってくれた人は信用できる人ですか?

特に不動産売買は高額ですから、信用出来ない人と契約を結んで、このまま取引を進めて行くなんて、私だったら怖くて仕方ありません。

不動産会社の担当者が信用出来る人かそうでないか、今回はその見極め方をお伝えしようと思います。

スポンサードリンク

あなたの担当の不動産屋は信用できる?

もしもあなたが今、中古物件の購入を検討している場合、不動産屋の立場としては売主と買主の両方の立場で物を考えなくてはなりません。

たまたま私達夫婦は、知り合いが家を売りに出したという報告を本人から直接聞いて、売主の家を不動産屋を通さず見学させて貰いました。

見学までは問題ありませんが、お金の話しや不動産の専門的な話しになってくると、売主と買主が直接やり取りするより、仲介会社が入った方が話しがスムーズに進みます。

いくら買主と売主が知り合いだからと言って、お互い面と向かって言い難いこともあります。

お互いの言い分を上手くまとめてくれるのが仲介会社の役割であると思っています。

その為、こちらとしては仲介してくれる不動産会社のことをある程度は、信用しているわけです。

それなのに不動産会社を信用して話した内容が全て売主に筒抜けになっていたらどう思いますか?

買主が話した内容は、仲介側の方で売主さんに話して良いこと悪いことを上手く整理して、売主さんに伝え直しているものだと思っているので、

伝言ゲームのように全て伝わっていたら、まさかのまさかですよね。

1から10まで話した内容をそっくりそのまま横に流しているだけなら、仲介に立つ意味がないです。

今回のように売主と買主が顔見知りの仲であることの方が珍しいケースなので、そのようなことは殆ど無いと思いますが、

仮に売主さんのことを全く知らない人であっても、お互い嫌な気持ちになりますよね。

なぜなら、こちら(買主)は仲介会社をある程度、信用して話しているからです。

もし不動産会社が信用出来ない人であると知ったならば、警戒して何も話せませんよね。

この場合、どう考えても不動産屋は売主側の方に付いています。

売主さんは当然早く家を売って現金化したい、不動産会社も売れれば手数料が入ってくるので早く売りたい。

売主側に付く理由が何となく見えてきますよね。

「でも、それって売主と買主が知り合いだから、お互いの事情を裏で確認出来るから分かったんだよね!?」

そんな疑問が沸くと思いますが、

「はい、その通りです。」

いえいえ、

でも、それ以外にも信用出来るかどうか見分ける方法はいくつかあります。

商談していれば大体のことは分かりますよ。

信用出来ない人の特徴

1、口が軽い

2、小さな嘘を平気で付く

3、囲い込みなど違法行為をしている

4、自分が得になる方を選ぶ

5、人の話しを聞かない

6、マイナスになることしか話さない

まず、1の口が軽いのは先程上で説明した内容と同じです。

「売主さんには絶対に言わないから」と言って、売主さんに話し難い内容をそのまま喋ってしまう人です。

2の小さな嘘を平気で付くというのは、

私達(買主)は不動産や建築の知識が浅いと思って、間違った情報をあたかも正しいかのように話す行為です。

買主も家探しをしていると色んな疑問や興味が沸いてくると思います。

少しでも勉強して知識があれば、「あれ、今の話しおかしい?」と思うこともあります。

補助金制度のことも知識があれば、税金だけで数百万円得することもあるので、予備知識として頭に入れて置くと良いです。

また、不動産屋でも専門外のことをあたかも詳しい振りをして、得意気に話す営業マンもいますが、

間違って答えていることもありますので、不動産屋の意見を鵜呑みにせず、必ず専門家に確認を取った方が良いです。

建築関係やリフォーム、ホーム診断、水回りのことなど餅は餅屋で対応して貰いましょう。

3の違法行為に関しては、2の小さな嘘を平気で付けるような人であれば、その行為自体悪いと思っていない可能性があるので注意した方が良いです。

4の自分が特になる方を選ぶは、囲い込みと関連性がありますが、売上がそのまま自分の利益に繋がる人の場合は、特にその傾向が強いので気を付けた方が良いでしょう。

5の人の話しを聞かないのは、自分の話したいことだけ話すので話しが長く、横道にそれたりもします。

話しにまとまりがなく、要点を掴みにくいのが特徴です。

6のマイナスになることしか話さないは、マイナスな印象を与えて買主を動揺させるパターンです。

これは、3と4に関連性があって、不動産屋が特に専任媒介の場合などはそれに当てはまります。

簡単に言えば、不動産屋が誰に売りたいかをコントロール出来る状態であれば、お客さんへのアプローチの仕方次第で、家を買わせることも買わせないようにすること出来るということです。

お客さんに都合の良いことばかり言えば、お客さんもその家を買いたい気持ちになりますし、ネガティブなことばかり言われれば、欲しくないと思うのは当然です。

家の購入にあたって、不動産屋との相性は結構大切です。

この人から買いたいと思える担当者に出会えることを願うのみです。