Dining room + library: Floating shelves + Wegner wishbone chairs, from Elle Decor

夫の会社は転勤があるので、家を購入すべきか迷っています。

家を購入したばかりで転勤になってしまった人、それが理由で会社を辞めた人を知っています。

だからこそ、自分達がもしそうなったらと思うと恐いです。

主人の会社は、各地を転々と回っていくわけではなく、ある場所を拠点として動くといった感じです。

戻る場所があるという点では、帰ってくる度に、住処を探すよりもマイホームがあった方が楽だなと思います。

今回の転勤で住まいとなったところは、賃貸で部屋の広さが以前より狭くなりました。

家賃は以前と同じで、駐車場2台分と庭付きの新築戸建だったのが、今は駐車場無しの築10年のアパートです。

家を買った方がお得なのは分かりますが、転勤族にとって問題はそこではないですよね。

そこで、ベストな購入時期を考えてみましたので、良かったら参考にして見て下さい。

スポンサーリンク

転勤族が家を買うタイミングについて考えるべきこと

1. 徹底的に分析する

家を購入してから転勤になってしまった時に起こりうるリスクを想定して、シュミレーションしてみる。

住宅ローンと家賃の二重ローンになった時のリスクについて会社からの住宅補助でやっていけるのか、

定年まで賃貸でいくなら、将来現金で家を購入出来るくらいの貯蓄は出来るのか?

住宅ローンを借りるなら何歳までか、売却した場合、賃貸に出した場合など、様々な角度からリスクを想定して分析するしかないです。

2.子供の成長に応じて考える

一般的には子供が成長してからとか、定年を迎えたらの意見が多いです。

家を購入してから実際に転勤になったらかなり面倒そうです。

子供が小さいうちは帯同して子供が中学、高校に上がる頃に単身赴任して貰う方が多いようです。

では、アラフォーで子供がいない家庭はどうしたらいいのでしょうか?

子供が出きて成長したらで考えていると定年間近になっちゃいますので、この場合は、買った方が良さそうです。

3. 住める期間を想定する

問題は転勤のスパンです。

頻繁に転勤があるなら絶対買わない方がいいけど、ある程度住めそうと判断するなら割り切って買うことも必要です。

同僚の方達がどのようにしているのか聞いてみたりして、参考にしてみるのも手です。

スポンサーリンク

最後に

転勤の頻度や年齢、家族構成、世帯年収によってみんなバラバラです。

一概に転勤族が家を買うのは「子供が成長したら」とか、「定年を迎えたら」でなくても良いと思います。

敢えてリスクを取る必要もないので、一生賃貸でもいいですが、ある程度住めそうと予測出来るなら買うのもありだと思います。

昔ベストセラーになった「金持ち父さん貧乏父さん」という本の中で、不動産は資産ではなく負債といってます。

キャッシュフローを生み出さないものは資産ではないです。

住む為のマイホームというのは、基本的には売買目的ではないので、私たちは住宅ローンという借金をするのです。

住めるか分からない家の為に住宅ローンだけ、払い続けないといけないなんて辛いですよね。

特に転勤族の人はそこのところをよく考えて、決断する必要があります。

同世代の子がマイホームを持っていて、羨ましく感じることもありますが、こういう時こそ冷静な判断が必要とされます。

取り敢えず一度、人生計画のシュミレーションをしてみましょう。

関連記事
 転勤族は定年後に家を買うなんて余裕は今の時代にはない