注文住宅を建てたいけど、あまりお金を掛けられない場合、1000万円台で家が建てられるローコスト住宅や坪単価の安いハウスメーカーに目がいってしまします。

それでも、品質はそこそこ良くて自然素材を求めたいという欲を持つことは人の常です。

そこで、ローコスト、注文住宅、自然素材、この3つを叶えるべく、予算ギリギリの私が勝手に思い込んでいたことは、建物を小さくすれば建築費がその分安くなる!?でした。

では、一体それはどういうことかと説明する前に、坪単価と建物価格の計算方法など基本的なことを理解していないと、なんのこっちゃ?ってなっちゃいますので、私もちゃんと理解する為に説明したいと思います。

「坪単価」ってみなさん聞いたことありますか?

ハウスメーカーや工務店などの広告によく掲載されていますが、この坪単価を基にして建物価格を知ることが出来ます。

単純に延床面積に坪単価を掛けたものが、基本の計算式となります。

下に例を書きますと、こんな感じになります。

延床面積20坪×坪単価@80万円=1600万円(外税)

こちらは、建物が1600万円(外税)で建てられることになります。

この逆で坪単価を出したい場合は、本体価格(1600万円)に延床面積(20坪)を割れば、坪単価(80万円)が分かりますね。

※1坪(約3.3㎡)で計算します。

ちなみに延床面積は、各階の床面積を合計したもので、壁または柱の中心線で囲まれた部分の面積で、玄関ポーチ、ベランダ、吹き抜けは含まれません。バルコニーも屋根が付いていて柱や壁に囲まれていれるものは延床面積に含まれます。

この延床面積は、容積率で算出出来ます

販売図面で建蔽率と容積率をよく目にしますが、素人の私達には、すごく難しく感じます。(>_<)

容積率と建蔽率の計算方法を以下例にしてみました。

敷地面積: 100㎡の場合、

建蔽率: 50% →母屋スペースが50㎡(約15坪)までの建物が建築可能
容積率: 80% →延べ床面積が80㎡(約24坪)までの建物が建築可能

スポンサーリンク

坪単価が安いカラクリとは?

ハウスメーカーによっては、延床面積の中に含まれない、吹き抜けやバルコニーも含めた「施工床面積」で坪単価が計算されているので、延床面積が広くなっている分坪単価が安くなってる場合があります。

一般的に謳われている坪単価は、「本体価格」以外に地盤改良費や外構費などの別途工事費や諸費用が含まれていないので、それらを予算に組み込まずに計算していると、予算オーバーとなってしまいます。

家の形状が凹凸があって複雑になる程、材料費も掛かってしまってコストアップします。

コストを抑えたいなら箱型がオススメで、私は個人的にシンプルな箱型が好きです。

パッケージ企画のものにオプションを追加してプラン変更をしていくと、一気に高くなります。

内装や外壁材、床材、どれも良いものを使いたくなりますが、その分坪単価も高くなります。

では、私が初めに述べていた、

スポンサーリンク

建物が小さい程安くならないのはなぜか?

という疑問ですが、延床面積が小さくなれば、少ない材料費で済むので安くなりそうですが、実はその逆だったんです。( ゚Д゚)

キッチン、バス、トイレなどの住宅設備費は、2~3割を占めていて、床面積が小さくても大きくても殆ど変わらない部分です。

また人件費や建築資材運搬費なども変わらない部分です。

ハウスメーカーが提示している本体価格を延床面積で割って計算してみると、面積が小さい建物の方が坪単価が高くなっています。

住宅メーカーが謳っている坪単価がどのような計算方法で算出したものかによって、基準が統一していないので、他社との比較はあまり参考にならないです。

先程も述べましたように、「施工床面積」と、「延床面積」で計算している住宅メーカーでは、坪単価も違いますし、建物の形状や設備仕様によっても変わってきます。

スポンサーリンク

まとめ

坪単価だけ見て、40万円だからこっちの方が安いとか安易に考えるのは危険ということです。

建物の本体価格以外の別途費用のことも頭に入れておかなければなりません。

総額で考えた場合、全然安くなかったということになり兼ねません。

かといって、ローコストを謳った品質があまり良くない家に住んで、後で失敗するのも嫌ですよね。

素敵な家で素敵なライフスタイルを送りたいですね。