在宅ワークのライティングのお仕事は、依頼者が発注する案件に対して、自分のスキルと希望に合うお仕事を探して応募するというものでした。

依頼を請け負うことが出来れば報酬を受け取ることが出来るシステムが一般的ですが、ココナラ は自身のスキル、経験、知識など得意を出品できる、オンライン販売サービスです。



これまでは仕事を受注する側だったのが、自分が依頼する側になれます。購入者と直接やり取りすることが出来ます。

購入を希望している人達は、プロに頼むお金がなかったり、周りに頼める友達や知人がいなかったり、忙しくて手が回らない、そんな人達だったりします。

何度かやり取りしているうちに、「あなたじゃないとダメなんです。」って言ってくれるような固定客が付くこともあるので、やりがいが生まれて、モチベーションアップに繋がりそうです。

スポンサーリンク

報酬価格はワンコイン(500円)~

一回ワンコイン(500円)から上限5,000円で提供することが出来ます。以前は全て一律500円だったようですが、

Webクリエイター系の人や占い系など、相場からするとちょっと割りに合わない依頼だったりすると、全部請け負うのは難しくて断ったりと、稼げないという噂もありました。

現在は、500円、1,000円、3,000円、5,000円と設定出来ます。

 

スポンサーリンク

おひねり制度と有料オプションを活用して定価以上に受け取りたい

上記価格とは別に、購入者が価格以上の価値を感じた時に支払う、「おひねり制度」と呼ばれるものがります。

「おひねり制度」は、オプション的に活用したり出来るので、例えば、ロゴデザインや、Webサイトの修正1箇所、○○円~といった感じで依頼者側から予め設定しておくことが可能です。

実は、有料オプションと呼ばれるものが、おひねり制度とは別にあります。

出品サービスに追加サービスを設定出来る機能で、販売実績が上がってきて、ランク認定された出品者だけが設定出来ます。

ランク認定とは、依頼者の販売実績や評価、満足度などをココナラ独自で評価して、3段階でランク付けします。

スポンサーリンク

ランク認定制度とは

「ポピュラー」、「エキスパート」、「ココナラマスター」←(現在準備中)の3つのランクがあります。ランクが上がるごとに有料オプションで付けられる種類や数が増えて行きます。

出品手数料は通常30%ですが、「エキスパート」になると、有料オプションとおひねりの手数料が、30%から25%になります。

尚、3,000円以上の有料オプションを設定するには、本人の身元認証が必要です。高額になってくるので、購入者側により安心して購入出来るように考えらています。

どんな仕事を提供すればいいの?



 

ココナラは、占い、似顔絵、イラスト・画像作成、デザインやロゴ、キャッチコピーといったジャンルが特に人気があります。

「そんな凄い特技持っていないんだけど・・・ 」

そんな人でも、これまで人生で経験してきた中で、これだけは他の誰よりも詳しいといったことが、探せばきっとあるはずです。

「いや、探してみたけど、思いつかない・・・」って、

例えば、「注文住宅を3000万円で建てる方法」とか、「海外旅行したい人向けに安くてキレイでサービスの良い宿を教えます」とか、

旅行好きで経験豊富な人、現地に住んでいる人でも、オンラインですから、世界中どこからでもインターネット環境とパソコンがあれば出来る仕事です。

月10万円以上稼いでいる人もいるので、自分の才能を開化させるチャンスです。

稼げないと思った人でも、急に忙しくなって出来なくなったという人でも、いつでも休止することが出来るので、気軽に始めてみては如何ですか?

関連記事
 転勤族妻が在宅ワークで月3万円稼ぐを目標にするクラウドソーシングサイトとは