William Cho

2015年11月30日放送の有吉ゼミでヒロミがDIYしたお宅は、パンクブーブー佐藤さんの家でした。

パンクブーブーと言えば、2009年M1グランプリで優勝、THE MANZAI 2011優勝の経歴を持つ正統派漫才コンビです。

パンクブーブー佐藤さんは築5年の中古マンションを2年前に購入しましたが、子供が壊してしまうのを恐れて家具もシンプルで味気ないリビングになっています。

子供に破られた壁紙はまたすぐ破られると放置状態でした。

そんな佐藤さんのお宅がニューヨークのブルックリンカフェ風に生まれ変わります。

ブルックリンとは、マンハッタンの東に位置するニューヨークのブルックリン地区にあります。

若いアーティストやデザイナーが多く住む最先端カルチャーの発信地で、手作りの家具やヴィンテージアイテムを取り入れたお洒落のカフェが街中にあります。

カッコイイ街並みに世界が注目するエリアです。

ヒロミさんはわずか12帖のリビングを10万円以内でリフォームするとのこと。楽しみです。

スポンサーリンク

ダイニングテーブルがヴィンテージ風に早変わり

パンクブーブー佐藤のお宅にある白いダイニングテーブルは、天板長さ120cmで家族5人では少々小さ目でした。

ヒロミは、そのテーブルをブルックリンのカフェにあるヴィンテージ風に変えてみせると言います。

まず、天板を固定しているねじを次々と外して、あっという間にテーブルの天板と脚を取り外しました。

その時に使用した道具と材料をご紹介します。

アイアン塗料

特殊な塗料で塗るだけで古い鋳物のような重厚感を出せるのがアイアン塗料の特徴です。

テーブルのヴィンテージ感をアップさせます。表面の凸凹を出す為に敢えて雑に塗るのがポイントだそうです。

至ってシンプルだったシルバーの脚がアイアン塗料で古めかしいヴィンテージ風になりました。