つい最近ドライヤーが壊れて、新しく買い替えたところです。

電源を入れたら、突然コードがショートして爆発しました。

「バン」という音ともに一瞬炎が見え、焦げ臭がしたので危なかったです。

火災の原因になるところだったので、何事もなくてホント良かったです。

ドライヤーにコードを巻き付けるのは危険です。

私がそうだったので新しく買ったドライヤーは、絶対に巻き付けないように気を付けています。

よく見ると、ドライヤー本体にも”巻き付けないように”とちゃんと警告タグが付いていました。

スポンサーリンク

テスコムマイナスイオンドライヤー

最新のドライヤーは凄いですね。

家電量販店に見に行ったところ、最近は大風量が売りのようです。

1.7m3/分や1.8m3/分と最新になるにつれて風量が上がっていくみたいです。

どうしても最新の方が欲しくなりますが、0.1m3の差でお値段が数千円違います。

マイナスイオンドライヤーのテスコム1.8m3/分(TESCOM TID956-W)の方と同じテスコム1.7m3/分(TESCOM TID925)という製品どちらにしようか迷いました。

最終的には、大風量1.7m3/分の方にしたのですが、結果的こちらにして良かったです。

性能のことなど深く考えずに購入してしまったのですが、こちらのドライヤーの消費電力は1200Wでした。

自宅の洗面台のコンセントも1200Wまでのものしか使えませんでした。

もし風量が1.8m3/分の方を選んでいたら消費電力1300Wだったので、ハイパワーが売りですが自宅では使えなかったです。

それでもテスコム風量1.8m3/分の方の威力は凄そうです。

ドライ時間が今まで10分掛かっていたものが6分30秒に時短と謳っています。

髪に熱をあてる時間も短くなった分、髪にも優しく、電気代の節約にもなります。

 

 

では、私が購入した風量1.7m3/分は良くないのか?

と言ったら、全然そんなことないです。

使った瞬間、大風量で驚きました。

台風かと思うくらい凄まじい風と爆音です。それが騒音レベルかどうか分からないですが・・・

それに、台風の風速って調べてみたら15m/s以上あるんですね。(平均風速10分間平均で)

これはドライヤーと比較にならない位、台風の方が大きいと思って良いのかちょっと計算出来ないです。( ゚Д゚)

でも、それ位凄い風を体感したんです。