3月22日放送の中居正広のミニなる図書館3時間SPゴールデン未公開ネタで特集していた、過去に大流行した美容健康法について知らなきゃ良かった話しです。

過去に大流行した美容健康法の中から、最新の研究で検証した結果、様々の知らなきゃ良かったが発見されました。

番組では、40代以上の男女にアンケートを実施して、懐かしの健康法100個の美容健康法を調査した結果、

痩せるどころか、余計に体重が増えたりするという驚きの結果がでました。

スポンサーリンク

~1970年代に大流行

スタイリー

「私に電話してください」のCMで大流行しました。

体の反動を利用して無理なく全身運動が出来、腹筋を鍛えることができるマシーンです。

それにしてもスタイリーというマシーンは、スペースを取りますので、狭い家には置け無さそうです。

紅茶キノコ

瓶の中に紅茶・砂糖・細菌の一種を入れて瓶の中で発酵させた液体を飲む健康法です。

各家庭で菌の株を分け合い独自の紅茶キノコを使っていました。

最近では、アメリカでまたブームが来ているそうです。

卵トリートメント

傷んだ髪が卵のタンパク質でツヤツヤになると噂になりました。

現在でも卵成分が入ったトリートメント商品が多数販売されています。

ぶら下がり健康器

1日1回ぶら下がる事で肩こりなどに効果が期待できると言われ大ヒットしました。

多い時は1日最高20万台が売れたそうです。

うぐいすのフン

うぐいすのフンを顔に塗る美容法です。

元々着物の染み抜きに使われていたのですが、美白効果があると噂になり現在でも販売されています。

米ぬかパック

米ぬかに含まれるビタミンに肌の保湿・美白効果に期待されました。

この米ぬかパックは自分もやっていましたが、本当に顔がツルツルになります。

きゅうりパック

スライスしたきゅうりを顔に貼り付ける美容法です。

きゅうりに含まれるビタミンCがコラーゲンの生成を助けると言われています。

スポンサーリンク

知らなきゃ良かった美容健康法とは!

さて、上記でご紹介した中で、知らなきゃ良かった美容健康法があります。

それは、

 

紅茶キノコ!!!!

 

です。

紅茶キノコはきちんと作らないと食中毒になるそうです!!

酢酸菌が糖分を栄養に発酵したものでお酢によく似た飲み物なんだとか。

衛生管理を怠ると腐ってしまい食中毒を起こす可能性があります。

 

もう一つ知らなきゃ良かった美容法があります。

それは、

 

きゅうりパック!!!!

 

きゅうりパックは、やり方を間違えるとシミやしわの原因になります。

生のきゅうりに含まれるソラレンという物質が肌に残ると、紫外線を吸収しやすい状態になって、シミが出来やすくなるそうです。

パックの跡は皮膚に残らないようにしっかり洗い流さないとダメです。

スポンサーリンク

1980年代に大流行した美容健康法

キャベツダイエット

食前にキャベツを食べてお腹を満たす方法です。

夕食だけ食前にキャベツを食べる「夜キャベツダイエット」も流行しました。

ラップダイエット

痩せたい部分にラップを巻いて運動や入浴をすることで部分痩せを目指す方法です。

アクアビクス

下半身を水につけて行うエアロビクスのことで、水の負荷で代謝を効率的にアップさせます。

こんにゃくダイエット

カロリーが低くいこんにゃくを食事に取り入れる事で摂取カロリーを抑えるダイエット法です。

あまちゃづる茶ダイエット

ストレス解消や血中のコレストロール値を下げるとされ話題になった健康法です。

カチンカチン体操

うつみ宮土理さん著書の「カチンカチン体操」、100万部のベストセラーになりました。

気になる部分に力を入れて部分痩せを目指す方法です。

酢大豆ダイエット

瀬川瑛子さんが実践してブームになったダイエット法です。

炒った大豆を6日間酢に漬け込み、朝晩5粒食べ25kgの減量に成功しています。

知らなきゃ良かった美容健康法

ここからは、上記で紹介した1980年代に大流行した美容健康法の中で知らなきゃ良かった話しです。

つまりやっても効果がない美容健康法のことです。

それは、

 

ラップダイエット!!!!

 

です。

ラップを巻いていくら汗をかいても脂肪は減らないそうです。

汗をかいて水分が出ているだけで、脂肪が燃焼しているわけではないそうです。

さらに、

最も知らなきゃ良かった話し

大ブームを巻き起こした「ぶら下がり健康器」は、ただぶら下がっているだけでは大した効果がないそうです。

逆につま先を床に付けて、ぶら下がる方が効率が良いそうです。

長時間ぶら下がる事ができない人には、効果があまり期待できないです。

体重の重い方が、ぶら下がると自分の体重で、肩を脱臼することもあり危険なので、無理をしないことが大切です。

ぶら下がり健康器を使ったおススメの運動方法は、

・ つま先立ちで腰を回す

・ 片足ずつ上げ下げする

これを1日1~2分で3セットするのが理想です。

1990年代に大流行した美容健康法

  • ダイエットスリッパ
  • 痩せる石鹸
  • 水ダイエット
  • ダンベルダイエット
  • ヨーグルトダイエット
  • 塩もみダイエット
  • 唐辛子ダイエット

2000年代に大流行した美容健康法

  • 朝バナナダイエット
  • ビリーズブートキャンプ
  • にがりダイエット
  • レコーディングダイエット
  • 納豆ダイエット
  • バランスボール

最も知らなきゃ良かった衝撃的な事実

大流行した美容法で最も知らなきゃ良かった事実は、

唐辛子ダイエット!!!!です。

唐辛子を食べる事でカブサイシンによる脂肪燃焼を目的としたダイエット方法です。

「マイ唐辛子のビン」を持ち歩き、何にでも振りかけて食べる女子が急増しました。

知られざる唐辛子とダイエットの意外な関係とは

たた食べただけでは、脂肪は燃焼されないです。

運動をしなければ食べても痩せないということです。

国立健康・栄養研究所によると、

唐辛子に含まれるカプサイシンは、「体脂肪を燃やす」などと言われていますが、有効性に関する信頼できるデータは見当たらない。

とのことです。

カプサイシンを摂るだけで運動をしなかったら、読書した時の消費エネルギーと殆ど変わらないという衝撃の事実を知りました。

運動することで相乗効果が得られるそうです。

やっぱり、ただ食べて痩せるなんて甘い考えではダメで、運動することが一番効果がありそうですね。

ちなみに半身浴をしてます!という方は、効果が期待できるのは、始めてから1カ月程度までなので、覚えておいた方が良さそうです。

ここまで大丈夫ですか?

打ちのめされていませんか?

それでも最新ダイエット情報は、今後もみんな期待していると思います。

成功できるダイエット方法に出会いたいですね。