cafe-vux_before-opening

家探しはよくタイミングと縁と聞きますが、今回まさにそうだなと思った出来事がありました。

1年前に家探しを本格的に始めてみたものの、予算の兼ね合いもあり、コレだ!と思える物件に出会えないまま月日が過ぎました。

現在住んでいる場所は、転勤で引越して来た土地で、通勤に便利そうだからといって選んだところです。

我が家は住みたい場所が決まっているわけでもなく、子供がいるわけでもないので、学区が決まっているわけでもありません。

我が家は取り分け、この地区に住みたいという強い希望は特になかったので、物件探しは広い範囲で探していました。

それにも関わらず、中々良い物件を見つけることは出来ませんでした。

半ば諦めかけて、転勤前に住んでいた街に戻りたいなってよく思うようになっていました。

物件探しを始めた時は、新築の建売住宅からマンション、注文住宅、中古戸建、中古マンション、中古リノベーションとあらゆる選択肢の中から、どれが一番我が家に取って最適プランなのか真剣に考えていました。

不動産屋やリフォーム会社に説明を聞きに何度か足を運びましたが、話しを聞いているうちに予算内で建てるにはかなりの妥協が必要になりそうなことが分かりました。

そんなこんなで、段々諦めモードに入って、家を探すのもいつの間にか止めてしまったのですが、ある時転機が訪れました。

スポンサーリンク

中古物件との出会い

飼い犬の散歩でよく顔を合わす人がいまして、犬同士も気があう感じだったので何となく仲良くなった方がいました。

その方が、「今度、引っ越すので家を売りに出している」と教えてくれました。

木造建築の注文住宅で築25年の中古戸建です。

駅から徒歩3分の所にあり立地条件は良い感じでした。

建物と土地価格も周辺相場に比べてかなり安くなっていてお手頃な価格でした。

不動産屋に価格が安い理由を聞いたところ、安いにはやはりそれなりの理由があるとのことでしたが、やはり駅から近い物件であるので魅力的です。

安いからと言って、悪条件でもそれを許せる人ならむしろ駅から近くて好都合な感じもします。

旗竿地とかで再建築不可ではないですし、建物も築40年、50年するわけでもないので、建て替えなくてもまだ住めそうなしっかりした家です。

まだ、ネットに公開していない物件だったので、私達は他の誰よりも早く情報を得ていました。

私達夫婦も不動産は高い買い物ですし、即決していいものなのか分からなくて慎重になっていたので、中々購入の決断がすぐに出来ませんでした。

売主さんも早く売りたい気持ちがあるので、ネットで公開することになったのですが、公開したその日に内覧の申し込みが2件入ったというのです。

お客さんの反応も良いことも分かりました。

そうなるとこちらも焦ります。

高い買い物なので、焦って買うものではないのですが、やはり気持ちは焦ります。

なので、買い付け申込書を誰よりも先に書いて購入する決意を固めました。

不動産屋のルールによりますが、申し込み順番は重要で、一番手になれば家を購入する権利が最初に与えられます。

もし二番手、三番手がいれば、後は指値で勝負ですが、売主さんが希望価格を承諾して下されば決まります。

スポンサーリンク

家探しはタイミングとご縁

今回の出会った知り合いの物件は、まさにタイミングとご縁です。

犬同士の繋がりで見つけた物件なので、本当に我が家の犬が見つけた物件なのです。

なぜなら、犬の散歩コースがその売主さんの家の前を通るルートだったこと。

毎日そのコースを行くわけではないけど、通った時に道で偶然会って家を売る話しを聞いたこと。

犬同士相性によってはケンカになってしまうこともしばしばあるのに、売主さんの犬とは仲良かったこと。

木造建築で工法在来で建てた家だったのでリノベーションがしやすいこと。元々中古リノベーションに興味があったので丁度良かったです。

さらに駅から徒歩5分以内で理想的であり、にもかかわらず訳ありで価格も安く、駐車場も付いていて気に入りました。

犬がいなかったら一生出会うことのない物件でした。

愛犬も良い仕事をしてくれました。(*´ω`)