honey

2016年5月11日放送のソレダメ!で紹介していたハチミツの新常識です。

元々ハチミツ好きですが、純度の高いもの程、高価で量も少ないのであまり手を出せませんでした。

これでハチミツの知られざる凄いパワーを知ったので、はちみつに対する意識が変わりました。

番組で紹介されていた情報を備忘録します。

知って得する情報満載なのでタメになりますよ!

スポンサーリンク

ハチミツの知らなかった常識について

二日酔いの時にはちみつを溶かして飲むと良い

専門医の説明によると、

二日酔いで脱水症状を起こしている時は、コップ1杯の水にスプーン2杯程度のハチミツを入れるのがおススメ!だそうです。

ハチミツにはアルコールの分解を助ける果糖が大量に含まれているので、肝臓の働きを助けてくれます

水だけ飲むよりも水分の吸収がしやすくなり効率よく症状を和らげることが出来るそうです。

花粉症対策にハチミツを食べる

ハチミツに含まれている少量の花粉が免疫を付けることに役立つそうです。

国産の自分の住んでいる地域のハチミツを食べていると、花粉に対する免疫が付いて体を慣らすことが出来るという研究結果が出ています。

ハチミツを食べたあと歯を磨くのはそれダメ!

甘いハチミツを食べたら虫歯になると普通思いますが、

ハチミツは虫歯になるどころか、逆に虫歯を予防してくれます。

ハチミツには虫歯の原因菌をやっつけるために必要な過酸化水素を発生させる物質が非常に多く含まれています

しかも歯をコーティングしてくれるので予防にもなります。

ハチミツを食べることで虫歯の原因菌の繁殖をブロック!!

ハチミツ自体が歯をコーティングして虫歯予防になるそうです。

ハチミツを塗ったまま寝ると口の中を消毒&殺菌をしてくれて口臭の予防にもなるそうです。

但し、効果があるのは純度100%のハチミツのみです。

シロップ入りのハチミツはかえって虫歯になるので気をつけましょう。

ハチミツの保存方法

ハチミツを冷蔵庫で保存するという人もいると思いますが、それをやってはダメ!!です。

封を開けたハチミツを冷蔵庫に保存すると白く濁って味が落ちることがあります。

はちみつの保存は常温保存が基本です。

はちみつの適した保存方法は、発泡スチーロールの中で保存することです。

その理由は、

ハチミツは人間の体温とほぼ同じ35度前後の巣箱の中で作られていて

発泡スチロール内は適度な温度が保つのでハチミツが結晶化しにくいからです。

封を開けたハチミツは発泡スチロールに入れて保存しましょう!!

ハチミツはお肌に効果あるの?

ハチミツは保湿効果が高く、美白作用があると言われています。

中には、ハチミツを直接顔パックして美肌を保っている人もいます。

但し、効果には個人差がありますよ。

スポンサーリンク

ローヤルゼリーの秘密

ハチミツよりも希少で高価なローヤルゼリーですが、そもそもローヤルゼリーとは一体何?

ローヤルゼリーとは、

ミツバチが花粉や蜜を食べ体内で分解し分泌したものです。

同じ卵でもローヤルゼリーを大量に与えると女王蜂になるという、ローヤルゼリーは女王蜂だけのご馳走です。

ローヤルゼリーは普通のハチミツには含まれていない女性ホルモンに似た物質が含まれています。

デセン酸が自律神経を整え更年期障害を予防する働きがあると言われています。

皮脂の分泌量をコントロールし美肌効果も期待できるそうです。

スポンサーリンク

ハチミツのカロリーは高いんじゃないの?

ハチミツは栄養とカロリーが40%近く低くなっているんです。

同じ量のハチミツと砂糖のカロリーを比べてみると、はちみつの方がカロリーが高いのですが、

ハチミツは甘味が強いので砂糖と同じ甘さを得るのに必要な量が砂糖の1/3で良いそうです。

カロリーを計算するとハチミツはカロリーが約40%低いことになります。

ハチミツを料理で使うには

お米を炊くときにハチミツを入れるのが簡単でおススメです。

お米2~3合にハチミツ小さじ1杯を入れます。

炊き上がりは、ふっくらとした栄養たっぷりのごはんが出来ます。

アミラーゼという酵素が米のデンプンを分解しお米本来の甘味を引き出してくれます

万能調味料として使える

ハチミツとめんつゆを1対1の割合で調味料を作ります

ハチミツのガラス容器をつかて同じ量のめんつゆをはかり、

はちみつと混ぜ合わせて、適量の生姜を擦って加えます。

この調味料は、冷蔵庫で1カ月保存可能です。

ハチミツ入り調味料で煮魚や肉じゃがなどの調味料に使えば、

魚や肉がふっくらと仕上がります。

最後に

ハチミツの使い方が分かったところで、純度100%のハチミツが欲しくなりました。

純度100%のハチミツならネット通販からも購入可能です。