家にはデスクトップしかないのですが、最近、外で作業する機会がちょこちょこ増えてきました。

そんな時にノートパソコンを持っていないので困っていました。

モバイルパソコンサイズのパソコンが欲しいなぁと思っていたのですが、結構お値段もするので躊躇していました。

どの道これから外で作業することを考えたら、やっぱり早めに購入しておいた方が賢明かなと思って、

最近ついに中古のMacBook Airをソフマップで購入しました!!

スポンサーリンク

初めてのMacBook Air

今までWindowsしか使ったことがなかったのですが、持ち運びが便利なことと、やっぱり外観がお洒落ということで、Macにしました。

初めてのMacを少しでも安く購入しようと思い、しっかり調べもせず中古を購入してしまったのですが、

新品のMac製品は値引きに対して厳しいと聞いていたので、家電量販店でも値切るのが難しいとのこと。

ならば、中古でも良いかなと思った次第です。

私が購入したMacBook Airは、2015年3月発売のモデルなので1年前の製品です。

ディスプレイは11インチで、軽くて持ち運ぶのに調度良い大きさです。

プロセッサは、1.6GHzデュアルコアIntel Core i5、

メモリは4GB、ストレージ256GBです。

購入前にバッテリーの充放電回数をチェックしたところ、3回だけでした。

価格は、期間限定値下げになっていて、99,800円(税別)でした。

使用頻度と価格からして、これは中々良いんではないの!?

と思って思い切って購入しちゃいました。

同じ型番の新品と比較してみる

この仕様概要の型番がMJVP2JAです。

この型番で検索したところ、今でもネットのオンラインショップで新品で発売されていました。

2015年製ですが、価格は約11,9900円(税別)~約12,9000円(税別)でした。

新品で購入するより2万円程お安いです。

今思うと私が購入したPCは中古だから、もしかして、もっと値切れたのかも知れないですね。

アップルの公式サイトから比較してみる

アップル公式サイトで全く同じ仕様で比較してみました。
 

~仕様概要~11インチ MacBook Air

  • 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)
  • Intel HD Graphics 6000
  • 4GB 1,600MHz LPDDR3 SDRAM
  • 256GBフラッシュストレージ(PCIeベース)
  • バックライトキーボード (JIS) + 製品マニュアル(日本語)

 
2016年5月現在ですが、まだ新型MacBookAirは発売されていないようです。

公式サイトの価格は、この仕様で126,800円(税別)です。

中古で99,800円(税別)で購入しました。

中古なので安いのは当たり前だけど、27,000円お得でした。

Apple品質認定の整備済製品と比較してみる

私も中古を買ってから知ったのですが、

アップルオンラインストアから整備済みのアップル製品が、新品価格より約2万円程安く手に入れることが出来ます。

アップル整備済製品とは、いわゆる新古品のことで新品ではありません。

店頭展示商品や返品商品、初期不良品などを修理調整して、新品水準並みの品質を確認したアップル認定製品のことです。

こちらの良いところは、新古品でも新品同様に1年間の特別保証が付いていることです。

ちなみに私が購入した11インチモデル、メモリ4GB、ストレージ256GBと全く同じ仕様のものが、

オンラインストアで販売されていたので比較してみたら、

整備済製品の価格は、107,200円(税別)でした。

中古品と比べてその差、7,400円で中古価格の方が若干安いのですが、保証が1カ月しかないので、お得感は少ないです。(>_<)

ちなみに、アップル整備済製品の場合、外箱はただの白い無地の箱に入って届くそうです。

スポンサーリンク

保証について

中古の場合、基本的に保証は付かないのですが、ソフマップは1カ月の保証が付いてきます。

アップルのオンラインストアで購入すると1年のメーカー保証が付いているところが魅力的かなと思います。

ちなみに、家電量販店で購入するとその店独自の保証を付けてくれます。

ソフマップでソフマッププレミアムワランティという保証を購入時に付けました。

プランは好きに選べるのですが、私の場合ですと、プランM、プランLバリューという保証を選びました。

通常中古購入の場合は、ポイントが付かないのですが、プランMに加入すると購入代金の1%のポイントが付与されます。

ポイントの使用期限は2年間有効です。

プランMの保証サービスは月額制です。

10万円以上のリユース商品なので、月額310円支払うプランとなりました。

(※ 購入金額によって月額料金は変わります。)

3年間の支払いで終了しますが、その間いつでも解約出来ます。

全額保証ではないのですが、プランMは、5年間保証で、故障、破損、火災、水漏れ、無料引き取りで対応して貰えます。

私の場合、外に持ち出す頻度も少なさそうなので、暫く様子見で半年ほどしたら解約するかも知れないです。

アップルのメーカー保証とApple Care(アップルケア)

MacBook Airをアップルで購入した場合、1年のメーカー保証と90日間の電話対応が付いてきますが、購入してから1年以内であればApple Care(アップルケア)に加入することが出来ます。

アップルケアに加入するとメーカー保証と電話サポートが2年延長されて最大3年間まで保証してくれるそうです。

アップケアは2016年5月現在、23,800円で購入可能で、最初に一括で支払う形になっています。

保証を付けるか付けないかは自由なので、付けない人も結構多いと思います。

スポンサーリンク

新品とApple品質認定の整備済製品と中古品どれが良いの?

結局、中古品は一点物なので、新品と違ってその時出会ったものになってしまいます。

Mac製品の仕様は購入時に決めるので、後からメモリを増設したり、ストレージ変更などは出来ません。

新品なら自分の好きな仕様にカスタマイズ出来ますが、中古品は選択出来ないところがデメリットです。

アップルの整備済製品に関しても同様、購入したい仕様モデルが常に販売されているわけではありません。

それでもオンラインストアで見る限りでは、中古品よりは在庫もありそうですし、出会える確率も高そうです。

バッテリーの充放電回数をチェックする

中古のMac製品を購入する時にバッテリーの充放電回数をチェックした方が良いと店員さんが教えてくれました。

私が買った中古品は3回だけだったので、状態としてはかなり良いそうです。

アップルの整備済製品については、バッテリーの充放電回数まで記載されていません。

整備済品を購入した人の中には、バッテリーの充放電回数が25回の人もいるようで、バッテリーの故障がなければ交換することは考えにくいようです。

ある程度の回数があるのは当然のことと認識して置いた方が良さそうです。

パソコンではありませんが、以前、車の新古車をオークションで購入したことがあります。

その時の走行距離数は確か50Kmだったと思います。

それと同じですね。

まとめ

MacBook Airを少しでもお得に使いたいなら、

・ Apple品質認定の整備済製品を購入するとメーカー保証1年付きで新品より19,600円安く買える。

・ 中古品でもバッテリー充放電回数が少ないものを買えば、新品より27,000円安く買うことが出来た。

・ 中古の場合は1年間のメーカー保証がないので、家電量販店の保証を別途任意で付ける

・ 中古品は一点ものなので仕様が選べない。その為、その時のタイミングと運にかなり左右される

・ Apple品質認定の整備済製品の方が中古品より仕様を選べるが、やはり常に在庫があるとは限らない