有吉ゼミの番組内で企画されている「ヒロミ芸能人の家をいじる」のコーナーで今回ご紹介されたのは、スギちゃんのお宅です。

元々小島よしおさんが住んでいたマンションの部屋を家具付きで引き継いだそうです。

新婚生活を送っているスギちゃんのお宅ですが、部屋に収納スペースがないので雑貨が見える場所に散らばっていたり、流行語大賞を受賞した時の盾がナント床に直置きされていたりと問題だらけ・・・。

そんなワイルドなスギちゃんに合せて、アメリカのサーファーをイメージしたカリフォルニアスタイルにリフォームすることに。。。

カリフォルニアスタイルは、床や壁に古材を取り入れてヴィンテージ感を出したリラックスできる空間としてリノベ女子に注目されています。

イメージ写真

参照元:https://renoverisu.jp/

 

スポンサーリンク

リフォームに使用した便利なアイテム

ヴィンテージテーブルを作る

古木風の壁紙(糊付き)

テーブルの天板に糊で貼り付けるだけで簡単に出来ます。



オイルステイン

木に塗るだけで木目を生かした色味が簡単に出るオイルです。天板の周囲を板で囲うのに使用しています。



フロイドレッグ


天板に挟むだけの脚です。ネジで挟むだけなのでどんな板でもテーブルにすることが出来る話題のアイテムです。

現在購入出来るお店はアメリカの直営店のみです。

フロイドレッグ(Floyd reg) → https://floyddetroit.com/

完成したテーブルはこちら↓↓↓

 

テレビ台がヴィンテージ風に変身

ホームセンターで購入した収納ボックスやテレビ台の外側に、足場板の古材を貼ってヴィンテージ感を出します!!

足場材

工事現場で使用していた足場材は、使い古しのヴィンテージ感があってリノベ女子に注目されているアイテム。

専門店やインターネットで購入することが出来ます。

 



スパイラルリング釘

足場板のような木の内部が柔らくなった古材には、スクリュー形状の釘にすると抜けにくくなります。



完成したテレビ台はこちら↓↓↓

 

ポップな壁紙で明るい印象に

カリフォルニアスタイルの壁を再現するのに使用した壁紙は、古い木材風の壁紙です。

 

壁紙をカットする時は、


石膏ボードの上で切るのでカッターの切れ味がかなり落ちてしまいます。


ポイントは毎回は使う度にカッターの刃を変えることです!!

STOPEN

振動でライトのON/OFFが切り替わるLEDライト



玉砂利

最近はピンクなどのカラー玉砂利が流行っています。洋風用、和風用があります。

ベランダに芝生シートを敷き詰め、その周りにリフォームで余ったベニヤ板と木枠を設置します。

その上に園芸用の玉砂利を敷き詰めるとお洒落なベランダに大変身。

 

スポンサーリンク

完成した部屋の様子

リフォーム前のお部屋はこんな感じでした。

そして・・・

リフォーム完成後は、

ヴィンテージ感たっぷりのサーファーをイメージしたカリフォルニア風の部屋へ



変身~!!

更に・・・

テレビ台は元々黒色のクールな印象だったのですが、古板を上から貼り付けてアンティーク調に生まれ変わりました。

壁の隅に配置された収納棚は、ホームセンターで売られているシンプルなテーブルの脚を一つ取り外して、上にテーブルを重ねて置いたものです。

脚には、ロープを巻き付けてお洒落感をUPさせてます。

このリフォームで掛かった費用は、13万8700円でした。

木が高くて10万円超えてしまったそうですが、天然木の家具を購入するだけでも数万円しますので、それを考えたらお安いです。

今回のリフォームもお見事でした。毎回、リフォーム後の変わりっぷりに目を見張るものがありますね。