wordpress

前回の記事、「Blogger からWordPressへ引っ越し、エックスサーバーとムームードメイン設定の仕方を解説」を参考にして、

Blogger からWordpressにドメインとサーバーの引っ越しが完了したら、記事の引っ越しと検索結果の順位を引き継がせる2つの作業を行います。

1、Bloggerで投稿した記事と写真をWordpressにインポートする作業。

2、 Bloggerの記事URLをワードプレスの記事URLにリダイレクトさせる。

この2つの作業をするのに、ワードプレスでプラグインを導入します。

記事のインポートには、「Blogger Importer Extended」を使います。

リダイレクトには、「Blogger 301 Redirect」 または、「Blogger to WordPress」を使用します。

スポンサーリンク

ワードプレスにリダイレクトさせる理由

記事のインポートが完了すると、この時点でBloggerの記事URLとワードプレスの記事URLが2つ存在しています。

この2つは、同じタイトルで同じ内容のものですが、URLを比較すると末尾が違っています。

リダイレクトされていない状態だと、検索結果に表示されるのは、これまで評価されていたBloggerの方の記事URLの方で、

オーガニック検索で訪れた人が記事をクリックすると、旧URL(Blogger)の方が表示されます。

そこで301リダイレクトが上手くできていないと、404エラーとして「お探しのページは存在しません。」と表示されてしまいます。

急いで301リダイレクトを掛けなければ、全記事404エラーとなっているので、

これが続くと、これまでBloggerの方で積み上げてきたサイトの順位(ページランク)やグーグルの評価が下がってしまいます。

スポンサーリンク

Bloggerの投稿記事をWordpressにインポートする

投稿記事をインポートする前に、最初にワードプレス側の設定を行います。

「設定」の中の「一般」から「タイムゾーン」を「東京」に設定します。

次に「パーマリンク設定」をします。

「カスタム構造」を選択して、「/%year%/%monthnum%/%postname%.html」と入力します。

カスタム構造の指定は必須ではありませんので、お好きな構造にしても構いませんが、この後に行う「301リダイレクト」のプラグインを導入する際に推奨されています。

続いて、ワードプレスにプラグインの「Blogger Importer Extended」をインストールします。

インストールし終えたら、「有効化」して、「Start」を押し、対象ブログを選択したら「Continue」を押して続行します。

Bloggerの全ての投稿記事と写真がワードプレスに見事インストールされていれば成功です!

こちらの作業は、簡単に移行できました。

ポストネームが正しく引き継がれていない記事がところどころあったので、記事毎に確認をした方が良いです。

スポンサーリンク

「Blogger 301 Redirect」のプラグインを使ってリダイレクトする方法

「Blogger 301 redirect」というプラグインをワードプレスにインストールして、「有効化」にします。

「有効化」にしたら、次に「Setting」をクリックすると以下の画面になります。

 

スクリーンショット_081216_103721_AM

該当する項目を選択します。(複数可)

推奨されているものは全てチェックを入れました。

Redirect Blogger Post feeds to WordPress feeds (Recommended)

Redirect Blogger Comment feeds to wordpress feeds (Recommende)

Redirect Blogger archives to WordPress (Recommended)

Remove parameters from URL

 

次にBloggerの画面へと移ります。

 

スクリーンショット_081216_110408_AM
Bloggerダッシュボードにログインして、テンプレートを開きます。

HTMLの編集をする前に、必ず右上にある「バックアップの復元」からテンプレートを全てダウンロードして下さい。

 

スクリーンショット_081216_110743_AM

「Blogger 301 redirect」の設定に戻って、HTMLコードをコピーします。

 

スクリーンショット_081216_021815_PM

 

Blogger>>ダッシュボード>>テンプレート>>HTMLの編集 へ進み、コピーしたコードを以前のコードと置き換えます。

上書きしたらテンプレートを保存します。

 

スクリーンショット_081216_021119_PM

 

以上で「Blogger 301 redirect」の設定は終了です。

 

「Blogger to wordpress」のプラグインを使ってリダイレクトする方法

「Blogger 301 redirect」をインストールしてもリダイレクトできない場合、「Blogger To WordPress」というプラグインを使ってみます。

検索エンジンでリダイレクトさせる時に、META Refresh タグと “rel=canonical” タグを使うことがあります。

Meta refreshは、指定した秒数が経過した後、指定したURLへ自動転送することができるHTMLコードのことです。

通常、ブログやサイトの引っ越しには、301リダイレクトを使用するのが最善ですが、Bloggerは.htaccessやPHPなどが使えないので、代わりに META Refreshタグを設定します。

「Blogger to wordpress」プラグイン設定の仕方

Blogger To WordPress」をインストールして、有効化にすると、ツールの中に「Blogger To WordPress Redirection」が入っているのでクリックします。

 

 

「Start Configuration」ボタンをクリックします。

 

 

「Get Code」をクリックすると、コードが表示されるので、コピーしてBloggerダッシュボードのHTML編集画面に貼り付けます。

 

 

Bloggerダッシュボードのテンプレートに「HTMLの編集」がありますので、こちらをクリックして、先ほどのコードを貼り付けます。

編集する前にバックアップを取って置いて下さい。

 

スクリーンショット_081216_110408_AM

これまで使用していたテンプレートコードの上から、先程「Blogger to WordPress Redirection」でコピーしたコードを上書きして、「テンプレートを保存」をクリックします。

すると、コードが上書き保存されました。

 

スクリーンショット_081216_021119_PM

 

「Blogger to WordPress Redirection」プラグイン に戻って、最後に無事にリダイレクトができているか確認するために、テストを行います。

「Verify Configration」をクリックして、BloggerのURLからWordPressのURLにリダイレクトできているかチェックすることができます。

 

スクリーンショット_081216_025405_PM

 

リダイレクトが確認できたら設定完了です。

お疲れ様でした。